岡市 尚士

岡市 尚士

2020.07.13

2006年バンド絶頂期は転落への前ぶれ〜家族でディズニーランドに行って撮った写真を 玄関に飾りたい。そういうの幸せだなって思う〜 「プロレス好きのバンドマンが柔術黒帯になるまで/第121話」

view853

私の手元に一冊の雑誌がある

「 Vivitto(ヴィヴィット)2006年7月号」

岩手県のローカル月刊誌なのだが

毎月、同県出身の著名人によるインタビューコーナーがあり

当月号にも、また

岩手ゆかりのミュージシャンが登場した。

アタスだ

14年前の俺がインタビューに答えている。

画面を拡大していただきますと分かると思いますが

大した事は何ひとつ言ってません。

しかし、このページに凄いものを発見した。

このページ下部にご注目いただきたい。

お分かりいただけるだろうか

この地球上に、コレを欲しい人間なんて存在するのか、、??(笑)

まあいいや。それについて考えるのはヤメにしよう。悲しみは少ない方がいい。

ただ一点だけ、引っかかる点があった

総合格闘技やってねえだろ・・

確かに格闘技は、やってはいるけど

組技だけじゃん

だが、しかし

14年後の俺には分かるぞ

この頃まだ強大なチカラを誇っていた「総合格闘技」というワードを使って、イキりたい気持ちが、、、、ビンビンに伝わってくるぞ!

※しかし、この8日後。フジテレビがPRIDEに対し、まさかの契約全面解除。格闘技ブームは徐々に衰退していく…

そして先日、格闘技の試合に出たこともあり(詳細は前回「コンバットレスリング出場がもたらしてくれた ″人生あがり感″の光と影」から)

「人生あがり感」の真っ只中にいるため

なんていうか

とても調子に乗っていて

とにかく

人生絶好調なんですね。

写真家/中村美鶴女史が撮ってくれた、とても素敵なこのフォトショットが

まさに俺の2006年を象徴しています。(ちなみに↑のWEBページのインタビューはこちらから読めます)

そんな2006年は

すったもんだあった04年、右肩上がり急上昇の05年と違って

ずーっと絶好調のバンド禍の中におり

良い意味で変わり映えのない、めでてぇ一年だったため

今回1話だけで終わらせますね。2006年を

それにしても、なんなんですかね。

ちょっとでも自分を大きく見せようと

色んな肩書きを名乗っちゃうこの現象(笑)

◼︎ちょっとでも自分を大きく見せようと、色んな肩書きを名乗っちゃう不思議な現象

千歩くらい譲って多摩川護岸工事(サキノハカ/トモさんとやった芝居オンリーのイベント)関連は何とか目をつぶれるとしても

噺家って、、(汗)

ライブイベントにトークだけで何回か出させてもらっただけだろうが(笑)

その隣の「イラストレーター」にしても俺らコーチガリーのフライヤーの絵を描いてただけでしょ!

でもね?

それもこれも全部、未来を信じてるから出来るわけですよね。

未来を信じてるから色々語れるわけですよ。

ドリカムの「未来予想図Ⅱ」で吉田美和も歌ってるじゃないですか

ずっと心に描く 未来予想図は

ほら 思ったとうりに かなえられてく

って

いや、もう吉田美和さんのおっしゃる通り!

俺だってそう思ってましたよ。

そんな未来予想図の完成図が

これだなんて(笑)

写真家泣かせですよ。

14年前にカッコいいと思って真面目にやってた我々の何もかもが、ぶち壊しになるよね(笑)

◼︎まさか、また格闘技をやらなくなる日々が訪れるとは・・

せっかく大会にまで出て

そしてU-FILE練習会に新しい仲間が加わったというのに

高校レスリング部時代の仲間/三浦英樹

高3の時、国体グレコ準優勝にまでなった俺らの代のエースですよ。

そんな英樹君、高校卒業後は自衛隊体育学校に進み、北京オリンピック目指して現役を続けてたんですけど

この2006年春、体育学校を″退職″し

格闘技をやるために俺を頼って、体育学校のある朝霞駐屯地からこっち方面まで引っ越してきたんですよ!

こんな嬉しいことはないです。

かつて俺が脱走した歴史も、EATも、全て知っている旧友とまた練習が出来るなんて

だから、俺自身は「やめた」なんてこれっぽっちも思ってもいないわけです。

ちょっとバイト先変えるから、少しのあいだ来れなくなるね、って

ただ前回もお伝えしましたが、本来あるはずのない「人生あがり感」を感じてしまっている人間っていうのはクソろくなもんじゃなく、やっぱり怠惰な方へ、引っ張られちゃうんですかね。

まあ転職の動機も動機でしたし

これまでカクヤスで送った真夏っていうと

空調の全然効かない酷熱の配達車に1日中乗って

もうしょっちゅう八つ当たりで、水2リットルのケース蹴っ飛ばしながら発狂する声が住宅街に響き渡ったり

繁忙日なんか、伝票の出てくるFAXが鳴り止まなくてピーピーうるせえから、何度ハンマーで叩き壊そうと思ったことか(※あくまでも私の所感です)

そんな夏から解放されたくて(笑)

バンド仲間のテツロウ(当時ナミノネ、exスネアー)の紹介で入ったコールセンター

カクヤスに比べたら肉体的には超快適で

それまでエレベーターのない団地を瓶ビール何ケースも無理して担いで何往復もしてたのが

エアコンの効いたオフィスで、せいぜいボールペンぐらいしか持たなくなって

18時には退勤、はい1万円。みたいな

ただ、研修期間中はU-FILE練習会の日程と休みが合わなくなっちゃうんだけど

仕事に少し慣れて、休み申請も自由に出せるようになったら

また練習会に休み合わせて行けば良いか

、、と思ってるうちに2006年が終わっていたパターンですね。

だから「やめた」なんてこれっぽっちも思ってないんですけど、人間はこうやって格闘技から離れていくのですね。

◼︎一応、プロレス業界の人間になったことになるのか、、?

当時のブログによると

後年、関わらせていただいている「頑固プロレス」に音響スタッフとしてお手伝いするようになったのが2006年11月だった模様で

そのキッカケ、なんてものじゃないですけどU-FILEの練習会で一緒に練習させていただいていた大久保一樹さんを中心に立ち上がったプロレス団体なんですね。頑固プロレスっていうのは

団体名は、もちろん田村潔司先生の異名″赤いパンツの頑固者″から取った。なんて話は一回も聞いたことはないんですど、どう考えてもそうですよね(笑)

そして当初、大久保さんからは「岡市さん、プロレス好きだし、バンドもやってるから一般の人に比べれば機材のこと分かるかなと思いまして」

という風に誘われたことを記憶しているんですけど

当時のブログには

「大会前夜、大久保さんから急に電話がかかってきて、誘われた」ということが記されておりまして

・・これって誰でも良かったってやつですよね?(笑)

まあ、その後10年以上に渡って頑固プロレス音響担当としてやらせてもらうことになりますので

大久保さんが、たまたま電話してきたのが俺で良かったですよ(笑)

◼︎2006年のコーチガリー

バンドに関しては何も言うことありません。

スタジオ練習、ライブ、曲作り、ツアー、レーベルやライブハウスとの打ち合わせ、各媒体への広報活動、etc、、、

前年から持ち越された「スターへの階段」を

365日、駆け上り続けた一年でした。

春から夏にかけてバックマーカーと3バンド合同で、関東のライブハウス数ヶ所を回るツアーイベントを敢行し

そのツアーイベント内の企画で、メンバー総入れ替えによる″シャッフルバンド″を組ませてもらったり

俺はバックマーカー/Vo後藤さん、鶴/Drドン君と組ませてもらいました。

ツアーファイナルがたまたま誕生日だったり

三度目のワンマンライブも満員御礼で

ずっとこんな感じで

2006年は過ぎていきまして

なんと、来年2007年

二枚目のアルバムの発売が決定しました。

そんな、ある日

岩手の親戚から

電話が、、

俺の祖母が認知症になり

老人介護施設に入れるかどうするか

話し合いを、親戚みんなでやっていると

そんな話は

初めて聞きました。

昨年、帰省した時

自分のテリトリーよろしく85年間生きてきた田の浜で

忙しなく動いていた祖母

孫の俺が、物心ついた時から

常にあったその光景が

この一年余りで

まさか、そんなことになってたなんて

東京の華々しいステージで

ケーキを顔面にぶつけられながら

みんなの注目を浴びていた、孫の俺は

全然知りませんでした。

つづく

次回「転落のはじまり 〜27歳このままで良いのか?〜」→読めます。

これまでの連載一覧はこちらから

◆いつでもどこでもオンライン格闘技

‪『ファイトフィットオンラインFit』

‬‪今なら‬最大3ヶ月無料!途中解約自由!‬

‪→https://onlinefit.cd-pf.net/ 

◆5月9日New open!!

東急東横線『綱島駅』徒歩3分

ファイトフィット綱島

https://tkdj.net/dojo/tsunashima/

◆トイカツ道場オリジナルプロテイン「美生活習慣(アサイー味)」絶賛販売中!

https://tkdj.net/news/archives/42240?bnr=PRO

◆スポーツクラブNAS若葉台とトイカツ道場全店舗が両方使える「NASファイト会員」登場!

https://tkdj.net/news/archives/40206

◆いつでもどこでも習い放題!

オンライン×外国語

「トイカツオンライン外国語」

https://tkdj.net/news/archives/28096

◆各店舗【無料体験・WEB入会】はこちら!

https://tkdj.net/trial/

◆お近くの店舗を探す☆

https://tkdj.net/dojo/

◆トイカツ道場代行情報

代行情報はこちらから

https://twitter.com/tkdj_daikou

〜トイカツ道場⑦つのオススメ〜

①「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

②「一週間無料退会保証」→入会後一週間以内は無料で退会可能!

③「都内最安値」→月謝8,800円(税込)

④「出稽古無料」→全43店舗通い放題!

⑤「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

⑥「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

⑦「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット550円!

この記事を書いた人

岡市 尚士

岡市 尚士

ブラジリアン柔術黒帯。第17回茶帯全日本ブラジリアン選手権大会優勝。茶帯全日本マスターズ選手権優勝、茶帯全日本ライトフェザー級2位、JBJJF全日本マスターズ選手権マスター1紫帯ライトフェザー級優勝、全日本コンバットレスリング選手権大会/58キロ級3位、レスリング岩手県高総体/52キロ級準優勝、レスリング岩手県民体/56キロ級準優勝、レスリングジュニアオリンピックカップ/48キロ級3位と多彩な実績を持つ。

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

E-Mail:info@tkdj.net

カスタマーハラスメントについて

トイカツ道場では、サービスに関するお客さまからのお問い合わせやご要望に対して誠意をもって対応するよう心がけています。
同時に、日々お客さまに寄り添い、サービスを提供している従業員の尊厳と労働環境を守ることも重視しています。
このため、お客さまのご要望を実現するための手段として、常識の範囲を逸脱する言動・行為、社会通念上過剰な要求など、従業員に対するハラスメントに該当する行為と判断した場合は、サービスやカスタマーサポートの提供をお断りさせていただく場合がございます。
また、これらの行為が悪質と判断される場合には、警察・弁護士に相談のうえ、然るべき対応を取らせていただきます。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。