岡市 尚士

岡市 尚士

2019.04.10

プロレス好きのバンドマンが柔術黒帯になるまで 第19話「東北の英雄」

view331

近年の菊池雄星、大谷翔平らの活躍や彼らの出身校である花巻東はじめ他校の高校球児の奮闘もあり岩手県が全国的に名を轟かせる事が珍しくなくなった昨今ですが、平成初期の岩手県といえば東北ローカルタレント「伊奈かっぺい」に代表されるような田舎くさいアイコンぐらいしかなく。

夢を見たい子供にとってはこの田舎イメージというのは決して喜ばしいとはいえない時代で小6の俺は山田レスリングクラブで汗を流しながらも花の都・新日本プロレスを指をくわえて眺めておりました。

青森県出身だが岩手県でもおなじみのローカルタレント/伊奈かっぺいさん

都では蝶野正洋が昨年の第一回目に引き続き二度目の夏を制し。俺に誌面上でチキンウイングアームロックを教えてくれた小林邦昭は越中詩郎、木村健悟、そして抗争相手だった誠心会館と結託し全員で頭を丸め反選手会同盟(のち平成維震軍に改名)を結成。

そんな1992年(平成4年)夏。

IBC岩手放送でこんな番組が放送されました。

たしか日曜日夕方頃の地方局が編成しやすさそうな時間枠に岩手県でしか放送されなかったこのローカル番組を、県内でもどれだけの人が覚えているでしょうか。

番組名は「青春のバックドロップ」

主人公はのちのザ・グレート・サスケの中の人。本名が気になる方は各自ネットで調べてください。

この頃まだユニバーサルプロレス所属でメキシコ遠征中だった彼の日常を追ったドキュメント風の内容でした。現地で名乗っていた覆面レスラー「ニンジャ・サスケ」としての試合シーンも流れましたが大半は基本素顔での日常風景。

ちなみにサイドストーリーとしてメキシコの下宿先の息子(いじめられっ子)との交流。同じく遠征中で同部屋に住む佐藤茂樹さん(現ディック東郷)も取り上げられました。

またプロフィールVTRとして

・高校時代に脚立と体操用マットで学生プロレスに励む様子(今につながる空中技を繰り出したり、当時ブームのUWFスタイルでキックの練習をしてる映像もある)

・上京後、新日本プロレス学校(といっても新日に入門できるわけではない。新日勢が巡業などで使っていない道場の時間帯を月謝を支払ってもらえれば使って良いですよー。という坂口・長州体制時代の名アイデア)に通いながら深夜のガラス清掃のアルバイト

・ユニバーサルプロレスでデビューし「MASAみちのく」として活躍してはじめても、まだガラス清掃のアルバイト

の映像が紹介されました。

「MASAみちのく」の存在は雑誌を通じて観たことはありましたけど動いて喋る彼を見るのはこの番組がはじめて。

この青年にはサスケになる前の素顔の頃から人を惹きつける不思議な力があったと思います。それは試合シーンでの本場ルチャドール顔負けの空中技もそうなんですが、のちに岩手県議会議員にまでなるほどの雄弁さ。妙な説得力があるんですよね。

俺はビデオに録ったこれを大人になっても時々観てたんですが、やがて小学生の頃には気付かなかったある不可解な点が引っかかるようになりました。

それはプロフィールVTRとして使われた「高校の学生プロレス時代」と「新日本プロレス学校ガラス清掃バイト時代」の映像。

これは家庭用ビデオで撮ったものではなく。明らかにテレビカメラで撮ったように編集されたVTRでした。

プロデビュー後の「MASAみちのく時代」の映像が残ってるのは解るんですけどプロレスラーになりたいだけの高校生を卒業後も東京までテレビカメラが追いかけてるって凄いことです。

たかが岩手ローカル局とナメてはいけません。

俺は20代のバンド時代にIBC岩手放送だけではなく岩手県のテレビ局全部に売り込んだことがありますがほとんど相手にされませんでした(笑)

そんな自身の経験と照らし合わせて考えてみてもIBC岩手放送がいかにこの青年に目をつけていた/もしくはこの青年が売り込みに長けていたかが分かります。

ひょっとしたらこうした体制の下「みちのくプロレス」としての独立計画は表面化で進んでいたのかもしれません。

とはいっても番組内では独立についても、それらしい野望も一切口にしてはおりませんでした。しかしその後の反響や視聴率から将来的に採算が立つと見込まれたためIBC岩手放送の全面バックアップでGOとなった。というのは俺の勝手な推測です。

この番組直後にメキシコ遠征から「ザ・グレート・サスケ」という新リングネームで凱旋帰国し2ヶ月後。

みちのくプロレス設立は発表されました。

それ以降の活躍はみなさん周知の通りです。

この時期に活動していた岩手県出身レスラーである藤原喜明とエルサムライ(松田納)は花の都・新日本プロレスに入門して開花した選手ですが。

岩手県を背負って勝負に出てやがて全国区に躍り出たサスケは、インターネットなんてまだなくて地方アイドルなんて考えられなかった時代に、それまでの田舎くさいアイコンに辟易していた僕たち岩手の少年達に「岩手県人として堂々と勝負に出なさい」というとても大事なことを教えてくれました。

そして、そんな東北の英雄の夜明け前ともいうべき「青春のバックドロップ」が好きでした。

もしも震災の津波で流された私物の中からどれかひとつ復元できるとしたら迷わずこれ「青春のバックドロップ」のビデオテープを選ぶでしょう。

もし、このVTRをお持ちの稀有な方がいらっしゃいましたらYouTubeへのアップを希望します(笑)

つづく

次回「売店のオジサンですらデカかった新日本プロレス」


柔術で毎日充実♫高田馬場道場!!

https://tkdj.net/dojo/takadanobaba/

ファイトフィット蒲田3/27オープン!

https://tkdj.net/dojo/kamata/

ファイトファイトフィット渋谷宇田川町4/3オープン!

→https://tkdj.net/dojo/shibuya3/

ファイトフィット自由が丘4/7オープン!

https://tkdj.net/dojo/jiyugaoka/

ファイティングラボ新潟4/10オープン!

https://tkdj.net/dojo/niigata/

☆お近くの店舗を探す☆

https://tkdj.net/dojo/

「トイカツ道場代行情報」

インストラクター代行情報はこちら→https://twitter.com/toikatu_daikou

『トイカツ道場』

・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

・「一週間無料退会保証」→入会後一週間以内は無料で退会可能!

・「都内最安値」→月謝8,640円(税込)

・「出稽古無料」→全41店舗通い放題!

・「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!

【無料体験・WEB入会】はこちら→https://tkdj.net/trial/

#トイカツ #トイカツ道場 #高田馬場道場 #jiujitsu

この記事をシェアする

この記事を書いた人

岡市 尚士

岡市 尚士

ブラジリアン柔術黒帯。第17回茶帯全日本ブラジリアン選手権大会優勝。茶帯全日本マスターズ選手権優勝、茶帯全日本ライトフェザー級2位、JBJJF全日本マスターズ選手権マスター1紫帯ライトフェザー級優勝、全日本コンバットレスリング選手権大会/58キロ級3位、レスリング岩手県高総体/52キロ級準優勝、レスリング岩手県民体/56キロ級準優勝、レスリングジュニアオリンピックカップ/48キロ級3位と多彩な実績を持つ。

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net