岡市 尚士

岡市 尚士

2019.10.08

プロレス好きのバンドマンが柔術黒帯になるまで 第65話「健太君の地獄」

view362

前記事はこちらから

健太君は崖っぷちに立たされていました。

レスラーにとって最大の敵

減量

世間では突如現れた卒業ソングの超新星「SPEED /my graduation」がヘビーローテションされており。

※写真はイメージです。

宮古商業を巣立っていくレスリング部の仲良かった先輩達/アキラ君、マナさん、福士君の三人をパーっと送り出してあげたい。

けれど、そんな事を言ってられる余裕がない。

他の部員達は5月の高校総体まで試合がないからシーズンオフみたいにダラダラしてる。

おがいっつぁんはライブだっつって部活を平然とサボりやがる。

先生達も年度末で忙しい。

全然、試合モードじゃねえ。

と健太君が思ってかどうかは定かではありませんが

孤独な減量だったことは間違いありません。

昨年秋「岩手県高校新人選手権」という大会が終わって。

そっから半年近くも経ってますから、みんな忘れてるかもしれませんが

あれは予選だったのです。

これからが本番なのです。

春の全国高校選抜大会。

そして久々に体重計に乗った健太君は目の前が真っ暗になったそうです。

″10キロ″

その天文学的数値を

健太君から聞かされた俺はカツラが吹っ飛びました。

え、落とせんの?

2.10ドーム試合前のピリついた猪木会長がいたらビンタされそうな言葉がつい思わず出てしまいました。

やる前からうんぬんとは言うものの

メタボの人とか引退した力士が落とす10キロとはワケが違いますからね。

それに何ヶ月もかけて落とす、

とかじゃねえ。

1〜2週間くらいで。10キロ。

しかし何故、そんなに、、10キロも落とさなければ、、??と思うでしょう。

県予選で優勝して全国大会に進む場合。

同じ階級に出なければいけない。

例えばそれが今回みたいに半年近く間隔が空いて、その間にどれだけ体重が増えたとしても1階級上に上げるとかナシ。認められない。当たり前です。

半年前に岩手を制した時の体重に戻さなければならない。

確かにこの半年近くで健太君はデカくなりました。

もちろん暴飲暴食したとかじゃありません。むしろ逆で我々は毎日、肩がちぎれそうになるほど懸垂をさせられているわけで。

そんな環境でもやっぱり成長期なのでハイブリッドボディがアップグレードしてしまう時ってあるんですよね。

健太君の場合、その現象が不運にも県予選と全国大会のあいだの期間で起きてしまった。

出場予定階級は「52キロ級」

元々、小兵だった健太君の通常体重は57〜58キロ前後だったはずなんです。そんぐらいなら減量幅5〜6キロで。まあ高校レベルではあり得る範囲内。

ただ、これは昨年秋までの話であって。

この冬、健太君のハイブリッドボディにまさかの進化が起きてしまった。

57、8キロ→62キロ

驚異の4〜5キロ増。まあ成長期ですし。ガンガン筋トレしてれば無くはない数値だと思います。

こうなると必然的に減量幅も

5、6キロ→10キロに広がる。

個人的な所管では減量幅が約6キロ地点を経過する直前になると

あと何グラムが全然落ちない!ってなってくる。

動いても全然汗が出ねえ。

かといって汗をかけるまで運動が出来るその体力がカラダに残ってない。

思い起こせば・・

⬆︎⬆︎の頃は、俺自身がその渦中におりました。

この時、走る気力が残ってなくて代々木公園で迷子になって。このまま消え去りたいと思ったところに探しに来てくれた健太君。

この頃は入学したてで飄々としてて身軽な健太君がうらやましかった。

俺の人生と健太君の人生。もし丸ごと交換できたとしたら絶対にやった。

あれから早2年が経とうとしている。

あの直後に脱走した俺は自由人としての才能を手に入れ。エース候補だったユズルが重度のヘルニアで2年生で引退を余儀なくされ。

今はその重圧を健太君が背負っている。

しかも10キロ・・。1〜2週間で。

7、8キロの減量を世界の果てと感じた俺からしたら、それは宇宙に行くレベル。

実際、健太君の減量は壮絶を極めました。

ガリガリに痩せ細って汗すら出ねえ健太君を

最後の最後はみんなで集団リンチか?ってくらい追い込み。

それでも落ちなかった。

結局、残り2キロくらいを残し、、

試合会場である新潟に部員達より一足先に健太君は旅立っていきました。

つづく

次回「スリムアップの秘訣教えちゃいます٩( ‘ω’ )و 平成に学べ!これがレスリング式ダイエット′98Ver.だッ」←読めます。

トイカツ道場オリジナルプロテイン「美生活習慣」絶賛販売中!

https://tkdj.net/news/archives/42240?bnr=PRO

スポーツクラブNAS若葉台とトイカツ道場全店舗が両方使える「NASファイト会員」登場!

https://tkdj.net/news/archives/40206

格闘技ジム×英会話「トイカツ英会話」!

https://tkdj.net/news/archives/28096

各店舗【無料体験・WEB入会】はこちら!

https://tkdj.net/trial/

☆お近くの店舗を探す☆

https://tkdj.net/dojo/

「トイカツ道場臨時情報」

天災による急な営業時間の変更情報はこちら→https://twitter.com/rinji_jyouhou

※代行情報は各店舗SNSからご確認下さい。

『トイカツ道場』

・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

・「一週間無料退会保証」→入会後一週間以内は無料で退会可能!

・「都内最安値」→月謝8,800円(税込)

・「出稽古無料」→全43店舗通い放題!

・「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

岡市 尚士

岡市 尚士

ブラジリアン柔術黒帯。第17回茶帯全日本ブラジリアン選手権大会優勝。茶帯全日本マスターズ選手権優勝、茶帯全日本ライトフェザー級2位、JBJJF全日本マスターズ選手権マスター1紫帯ライトフェザー級優勝、全日本コンバットレスリング選手権大会/58キロ級3位、レスリング岩手県高総体/52キロ級準優勝、レスリング岩手県民体/56キロ級準優勝、レスリングジュニアオリンピックカップ/48キロ級3位と多彩な実績を持つ。

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net

ファストネイル