漆原季亮

漆原季亮

2018.08.30

キックに対するディフェンスの練習方法

view245

こんにちは!

西日暮里店代表の漆原です。

8月は西日暮里にて、月曜の18:00~23:00、水曜の18:00~23:00、金曜の18:00~23:00、土曜の9:00~18:00、日曜の11:00~20:00、

及び、秋葉原駅前店にて木曜19:00~23:00となっております。

また、9月は新店舗の柏店にも月曜13:00~17:00まで入ります。

秋葉原駅前新店では20:00より、音楽に合わせ、ボクシングの動きで脂肪を燃焼させていく有酸素ボクシングを担当していきますので、興味がある方は是非ご来館下さい!

今月のブログはディフェンスをテーマに書いております。

前回まではディフェンスの大切さに始まり、パンチに対するディフェンスの種類、その練習方法、前回ではキックに対するディフェンスの種類を紹介していきます。

①カット(相手の蹴りを脛で受ける)の練習方法

カットは、単に形をシャドーで行うだけならそんなに難しくないですが、実際に相手の攻撃を防ぐとなると難易度が上がってきます。ポイントは二つ。バランスとタイミングです。

先ずバランスです。カットをする際は片足立ちにならなければなりません。この時点でバランス力が必要なのですが、そこに相手の蹴りの圧力が加わります。その状態で相手の蹴りに負けず安定するのにはコツが必要ですが、コツを掴めば蹴った相手が逆に跳ね返され、バランスを崩すということもあります。

コツの一つ目に、脛の向きがあります。相手の蹴りは斜め横から飛んできます。脛を真っすぐ前に上げてもカットした足の横側から力をかけられ、流されてしまします。その為、脛の向きは相手の蹴りが飛んでくる方向に向けましょう。

二つ目は、関節の固定です。膝関節の固定が甘い状態で脛を蹴られると膝は簡単に曲がり力をかけられてしまうので、基本的にはしっかり関節を固定し固く受けます。

三つめは軸足です。軸足も力が抜けていると押し負けてしまうので、相手の蹴りが当たった瞬間、軸足で床を蹴るイメージで力を入れると安定します。

これらが上手くいけば、根を張ったように相手の蹴りをガッチリと弾くように受け止められます。

ポイントの二つ目は、タイミングです。

全ての攻撃に対して言えますが、相手の攻撃のタイミングに合わせ受けられなければ、受け自体がどんなに良くても意味がありません。

相手のタイミングに反応しカットが出来るようにするには、対人練習で行うしかありません。

先ずはペアの人に蹴ってもらって、それをカットしていきます。

慣れてきたら、タイミングをずらしたり、フェイントを入れたり、パンチと混ぜたり、あるいは、こちらが先に攻撃し、構えに戻った瞬間に蹴ってもらったりしながら練習していくと、反応が良くなっていきます。

②ブロック(腕で受ける)の練習方法

蹴りへのブロックも、対人で練習するのが基本です。

実際は上手く受けないとダメージが腕に溜まったり、バランスを崩されたりしてしまいます。

それを実感する為にも、ある程度重い蹴りを蹴ってもらった方が良いでしょう。

また、腕で受けて終わっていたら相手のペースになってしまうので、受けた後の返しまで身体に染み込ませるように練習するのが理想です。

腕で受けて軸足を蹴る、ミドルを返す、インステップしパンチを狙う、コンビネーションで手数を返す。

色々な返しのパターンを覚えておきましょう。

 

前回紹介した他のディフェンスを練習する場合も同様です。

実際に相手に攻撃してもらう。

先ずは単純に、慣れてきたらより難易度を上げる。

受けた後になにをするのかも合わせて練習すると、実践的な練習になっていきます。

そして、それをマスで出来るか、確認をしていきます。

 

以上、ざっくりとした、キックに対するディフェンスの練習方法の紹介でした!

 

西日暮里では対人練習をやっている時間が多くあります。

土曜、金曜のテクニッククラスや、土日のグループキックがその典型です。

また、9月から土曜日の18:00~20:00に、初心者でも入れる内容を意識した選手練習を新しく作る予定です。

この時間は、シャドーなどの基礎的な練習から、ミットやサンドバッグへの打ち込み練習、対人練習、マススパー、フィジカルまで、しっかりとしたキックボクシングの練習を2時間、一連の流れで行っていきます!

ここで集中し毎週練習すれば、トイカツ道場の指導員になれる位上達できるかもしれません!

キックボクシングの技術を上達させたい方、是非お越しください!

 

 

以上で、今月の、ディフェンスをテーマにしたブログは終わりです。

マスをする人たちでも、ディフェンスが上手い人たちには余裕があり、リラックスしているので攻撃面でも強い印象があります。

自身があるので余裕を持って攻撃できるし、僅かな機会を捉え反撃できます。

しかし、攻撃の練習しかしておらず、ディフェンスの練習が疎かになっていると、疲れやすかったり、せっかくいいオフェンス能力を持っていても自身を持って攻め込めず、本来の動きが出来ません。

上手くマス出来るよう上達したい方は、オフェンス練習に偏ることなく、ディフェンスもたくさん練習してみて下さい!

・今月のブログ

①ディフェンスも基本!⇒https://tkdj.net/news/archives/27822

②パンチへのディフェンス⇒https://tkdj.net/news/archives/27937

③パンチに対するディフェンスの練習方法⇒https://tkdj.net/news/archives/28194

④キックに対するディフェンスの種類⇒https://tkdj.net/news/archives/28368

9/18(火)ファイトフィット六本木ステーションオープン!

https://tkdj.net/dojo/roppongi/

9/1(土)ファイトフィット津田沼オープン!

https://tkdj.net/dojo/tsudanuma/

8/21ファイトフィット柏オープン!

https://tkdj.net/dojo/kashiwa/

7/17 ファイトフィット西川口オープン!

https://tkdj.net/dojo/nishikawaguchi/

7/20トイカツグラップリング東中野オープン!

https://tkdj.net/dojo/higashinakano/

「トイカツ道場代行情報」

インストラクター代行情報はこちら→https://twitter.com/toikatu_daikou

 

『トイカツ道場』

・「都内最安値」→月謝8,000円!

・「出稽古無料」→全22店舗通い放題!

・「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!

・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

【無料体験・WEB入会】はこちら→https://tkdj.net/dojo/tamachishibaura/

この記事をシェアする

この記事を書いた人

漆原季亮

漆原季亮

生年月日・・・1989/3/2 出身地・・・東京 格闘技の経歴、戦績、タイトル・・・ 少林寺拳法4年、キックボクシング5年。戦績 アマチュア:6戦5勝1敗 プロ:1戦1敗

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net