佐々木 康博

佐々木 康博

2022.05.11

最近は線から点に見る格闘家が多い!

view127

こんにちは、ファイティングラボ仙台代表佐々木です。

お疲れ様です。

タイトルの【線】とは?

逆に【点】とはその競技事態を言い表します。

【線】とは、その競技事態における過程の事を言います。

格闘家と言うと昔話悪さをしたり自分の持つ沢山のサクセスストーリーから格闘技を始めて過去の生き様などに興味を持ち観戦する方が今より多かったと思います。

逆に今の時代は【線】で見るより【点】だけでも見ても超一流の選手も沢山いる時代となりました。

格闘技以外のスポーツ選手は競技者として評価されますが、格闘技は【点】ではなく【線】で評価されることは多い傾向にありましたが、【点】で評価できる選手も多くなりました。

メディアなどのは技術面での解説、格闘技が身近に見れるようになって選手の技術面、サポーターの技術視のレベル向上になってきた証拠です。

もっと格闘技をメジャーな分野になるように、格闘技の本質を理解しましょう。

本質を見る視野は【線】で見るより【点】です。

この記事を書いた人

佐々木 康博

佐々木 康博

1983年、青森県大間町出身、浜育ち。 16歳からボクシングを始め、19歳でプロデビュー。 打たれても打ち返す、元A級のじょっぱりボクサー! 現役時はインファイター、引退してからは安全面を考え、アウトボクシングを心掛けている。 独特な方言を交えながら、その人に合ったボクシングを指導します!

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

E-Mail:info@tkdj.net