佐々木 康博

佐々木 康博

2021.01.21

現代の生活と、一昔前の生活とでは、【インナーマッスル】の使用頻度、強度が違うと理解し、趣味、工夫で強化してみよう!

view754

こんにちは、ファイティンラボ仙台で代表をさせて頂いております佐々木です。

今回は、

【インナーマッスル】についてです。

【インナーマッスル】とは、簡単に言うと、身体の深いところに位置する筋肉、【深層筋】とも言います。

ではどんな役割か❓

部名などを使うとキリがないので、簡単に説明すると、

・転びそうになった時、バランスを保つ

・揺れている電車で踏ん張る

・正しい姿勢を保つため欠かせない部分です。

踏ん張ると言うと足の筋肉と思いがちですが初動はお腹のあたりから、手足に伝わり動作します。

格闘技、スポーツも同じです。

いくら重い物を持って部分的に鍛えても強化されません。

ではなぜ昔の人が、自然と強化されたかと言うと、

【歩道も、山道も、現代のように整備されていなかったからです。】

平らではなく、凸凹した所を歩く、遊ぶ、そして【戦う】。

生活するだけで、自然と強化されます。

生まれたときから母親に抱かれていても、もちろんい足場が悪く揺れ、抱かれながらバランスを取る習性が身ににつきます。

そう!それが本来の人間の自然な姿だったんです。

江戸時代の米俵の重さが60キロという規定で、この重さは、女性でも楽に持てる重さだからだと言います。

3年前のブログもご参考ください↓

小柄な女性も【インナーマッスル】を自然と使ってるだけでここまで違うんです。

現在は、道路で水平保ち、便利な分、生まれたときから動物としては不自然です。

アスリートなども、水平な道で走り込むことが多いですよね!

毎回は出来ないと思いますが、山道、砂浜、雪道、などバランスの悪いところでの走り込みをおすすめします。

井上尚也選手は、砂浜を走り、マニーパッキャオは山道を走ります。

持久力とバランスを同時に強化できますね!

スポーツ以外にも、山道などにハイキング、危ないですが、雪山へハイキングも良いかもしれません。

仙台インストラクター高橋進任は、修行で雪山へたまにいきます。

この身体はそのたまものです。

ちなみに表面に見える筋肉は【アウターマッスル】と言いウエイトトレーニングで鍛えることが出来る筋肉で、その【アウターマッスル】をバランスよくコントロールするのが【インナーマッスル】です。

趣味で、サーフィンや、スキーなども良いです!

バランスボールトレーニングもオススメです。

健康で良い身体で生活するため、スポーツで良いパフォーマンスをするため、格闘技で強くなるためにも【インナーマッスル】を強化する方法を自分なりに実践してみましょう。

12/13(日)新店舗下北沢オープン

無料体験・WEB入会】はこちら!

https://tkdj.net/dojo/shimokita/

12/23(水)新店舗中目オープン

無料体験・WEB入会】はこちら!

https://tkdj.net/dojo/nakameguro/

◆お申込みはLINEアプリから超簡単! 店舗での『パーソナルレッスン』がスタート!→https://tkdj.net/news/archives/60156

◆トイカツ道場オリジナルプロテイン『美生活習慣(アサイー味)』絶賛販売中!

https://tkdj.net/news/archives/42240?bnr=PRO

◆いつでもどこでも習い放題! オンライン×外国語 『トイカツオンライン外国語』→https://tkdj.net/news/archives/28096

◆各店舗【無料体験・WEB入会】はこちら!

https://tkdj.net/trial/

◆お近くの店舗を探す☆ →https://tkdj.net/dojo/

〜トイカツ道場⑦つのオススメ〜

①「まるまる0円無料プラン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

②「一週間無料退会保証」→入会日から一週間(7日間)以内は無料で退会が可能!

③「都内最安値」→月謝8,800円(税込)通い放題!

④「出稽古無料」→全44店舗通い放題!

⑤「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

⑥「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

⑦「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセットが550円!

この記事を書いた人

佐々木 康博

佐々木 康博

1983年、青森県大間町出身、浜育ち。 16歳からボクシングを始め、19歳でプロデビュー。 打たれても打ち返す、元A級のじょっぱりボクサー! 現役時はインファイター、引退してからは安全面を考え、アウトボクシングを心掛けている。 独特な方言を交えながら、その人に合ったボクシングを指導します!

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

E-Mail:info@tkdj.net