こんにちは。大野です。

かなり以前アップしたブログでは、爪先重心の重要性と踵重心の弊害を書きましたが、実際私は意図的に踵重心になるよう心がけて普段練習しています。

たしかに、踵重心では蹴りの時に後ろに反り返りやすい、蹴りの回転の時に摩擦が大きくなり回りにくい、バネのある動きが殺されてしまうなどのデメリットがあります。

ですが、それでもあえて私が踵重心を採用しているのには理由があります。

 

①ふくらはぎや足底が疲れにくい

これは動き回る人にとっては結構大事なんじゃないでしょうか。長時間動き回ってるとふくらはぎが疲れてちょっとしたはずみで攣りそうになりますよね。また、足の裏もずっと張力がかかっていると足底筋(腱)膜に刺すような痛みがはしることがありますね。下腿が疲れにくくなるのは結構大切だと思います。

 

②マットを蹴り込まずに素早く踏み込める

普通は爪先重心で筋肉をバネのように使ってステップを踏んで、跳ねて踏み込みますね。ところが、脚にかかっている荷重を脚を吊り上げて解放することにより、前への回転運動を発生させ、跳ね上がらず、気配をあまり感じさせずに前に踏み込む技法があります。いわゆる「膝を抜く」というやつですね。これを行う時、爪先重心だと脚の力を抜きにくく、自然に吊り上げにくいです。逆に踵重心だと下腿三頭筋の力が抜けていて、その操作がとてもやりやすいです。

 

③踏ん張りやすい

爪先立ちで相手に押されるのを耐えるのと四股立ちで耐えるのとを比べてみるといいと思います。あと、とっても重い人を背負った時にどちらがやりやすいかやってみてください。

私は裏投げを得意としていて、柔道の時に闘う相手は大抵 20 kg 以上体重が上なんです。そんな相手に爪先重心で裏投げなんてとてもやってられません。

 

というわけで、爪先重心を何年も続けてきたけどどうしてもしっくりこないといった人は一度試してみても良いのではないでしょうか。

 

2月22日オープン!!ファイトフィット横浜ポートサイド
https://tkdj.net/dojo/yokohama/
「トイカツ道場代行情報」
インストラクター代行情報はこちら→https://twitter.com/toikatu_daikou
『トイカツ道場』
・「都内最安値」→月謝8,000円!
・「出稽古無料」→全21店舗通い放題!
・「朝活朝格」→朝7時〜夜23時まで年中無休!
・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!
・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!
・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!
【無料体験・WEB入会】はこちら→https://tkdj.net/trial/

この記事をシェアする

この記事を書いた人

大野真人

大野真人

池袋東口で主に総合格闘技クラスとグラップリング(寝技)クラスを教えています。 総合格闘技、柔道、伝統空手、ブラジリアン柔術、日本拳法の格闘技経験があります。 トイカツ道場の元会員で、当時から主に昇侍先生に総合格闘技を教わっていました。 クラス以外でもシステム開発課長、事務員として勤務しています。

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net