小林準

小林準

2021.09.18

キックボクシングの階級!人はなぜ減量するのか?

view275

ファイティングラボバンコクのKOBA(小林準)です。

キックボクシングの階級はなんで分かれていて、減量もするのか。

「なぜキツイ思いをして減量するのですか?」と聞かれることも多いです。

キックボクシングの階級と減量についての質問にお答えします。

キックボクシングの階級

キックボクシングの階級は約2〜3kgごとで分かれています。

✅フライ級 50.80 kg 以下

✅スーパーフライ級 52.16 kg 以下

✅バンタム級 53.52 kg 以下

✅スーパーバンタム級 55.34 kg 以下

✅フェザー級 57.15 kg 以下

✅スーパーフェザー級 58.97 kg 以下

✅ライト級 61.23 kg 以下

✅スーパーライト級 63.50 kg 以下

✅ウェルター級 66.68 kg 以下

✅スーパーウェルター級 69.85 kg 以下

✅ミドル級 72.57 kg 以下

✅ヘビー級 72.57 kg 以上

※女子の階級、立ち技格闘技の場合は若干違う場合があります。

立ち技格闘技の場合は、RISE○○級、RIZINキック○○級と言われるように団体ごとに体重が決められています。

また、試合は55kg契約、60kg契約などその時の対戦相手同士ですり合わせて決められることも多いです。

ボクシングはさらに細かく階級が分かれていて、総合ではもう少し広い幅で階級が分かれています。

キックボクシングではなぜ階級ごとに分けてあるのか

同じくらいの体格の選手同士で対戦するためです。

階級が分かれていなければ、例えば200cmの人と160cmの人が対戦することにもなってしまいます。

いくら強い人でも体格差がありすぎる場合は勝負になりません。

それでは、どのように階級を分けるかというと、

体重で分けるのが1番だからです。

身長だと同じ170cmでも60kgの人がいれば、100kgの人もいるからです。

だから、細かく体重ごとに階級が分かれているのです。

キックボクシングではなぜ減量するのか

キックボクシングや格闘技での減量についてはさまざまな考えがありますが、

自分の減量の経験と、よく言われている一般的な見解をまとめてみました。

減量して少しでも有利な体格で試合をするため

同じくらいの体格同士での対戦ですが、少しでも相手よりも体格が大きい方が有利だからです。

有利な体格で試合をして勝つ確率を高めるためです。

逆にもともとカラダが横にも大きく体重もパワーもある選手で、

そのままの階級の方が合っていれば減量する必要はありません。

減量することで神経が研ぎ澄まされるから

お腹がいっぱいの時よりもお腹が空いている時の方が感覚が鋭くなります。

人にもよりますが、神経が研ぎ澄まされていくようでした。

減量することで試合に集中できるから

神経が研ぎ澄まされるにも似ていますが、節制することで試合に集中できるからです。

減量することで軽くなり動きが速くなるため

おそらく減量がなく選手全員が通常体重で試合した場合は、

今よりもパワーがあり体調も良いと思います。

しかし、スピードは落ちると思います。

ヘビー級は別として、スピーディーな動きが観れる1つの要因として減量が少なからず関わっています。

同じ階級に天才的な強敵がいるから

後ろ向きな考えですが、同じ階級にものすごいチャンピオンがいて、わざと違う階級に変更するという方もいます。

逆に戦いたい相手がいるからわざと同じ階級に変更するという方もいます。

キックボクシングの減量とダイエットについて

キックボクシングの減量とダイエットはまったく違います。

減量は一時的に体重を落とすものです。

食事の質や量も変えていきますが、最後は水抜きで一時的に体重を落とします。

ダイエットは一瞬だけ体重を落とすのが目標ではなく、恒久的にカラダを変えていくのが目標です。

キックボクシングの減量と計量について

減量と聞くと、マンガのイメージで蛇口に針金を巻いて、

飲まず食わずの生活をすると思っている方もいますが、まったくそんなことはありません。

栄養士がついてアドバイスをもらう選手もいますし、減量の方法も研究されてきました。

現在はしっかり飲んで食べながら、体重を落とすという方法があります。

みなさんが思っているよりもしっかりと食べています。

(食事の量は摂っても、食事の質は気をつけています)

計量は基本的には、前日に行います。

そのため、試合までに1日は開くのでしっかり食べて、

体力もある程度回復します。

キックボクシングの階級と減量まとめ

キックボクシングや格闘技では他の選手も減量して階級を下げてくるので、

自分も落とさないと体格差が出て不利になってしまうという理由がもちろん大きいです。

現在は食事や減量法も研究されて体力をなるべく落とさずに減量する方法がどんどん編み出されています。

階級があり分かれていることで、必然的に減量も存在しているのです。

—————————————————————————————

ファイトフィット溝の口店オープン
溝の口駅から、徒歩3分!
【無料体験・WEB入会】はこちら!
https://tkdj.net/dojo/mizonokuchi/

◆お申込みはLINEアプリから超簡単! 店舗での『パーソナルレッスン』がスタート!
https://tkdj.net/news/archives/60156
◆いつでもどこでも習い放題! オンライン×外国語 『トイカツオンライン外国語』
https://tkdj.net/news/archives/28096
◆各店舗【無料体験・WEB入会】はこちら!
https://tkdj.net/trial/
◆お近くの店舗を探す☆
https://tkdj.net/dojo/
トイカツ道場⑦つのオススメ
①「まるまる0円無料プラン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!
②「一週間無料退会保証」→入会日から一週間(7日間)以内は無料で退会が可能!
③「都内最安値」→月謝8,800円(税込)通い放題!
④「出稽古無料」→全44店舗通い放題!
⑤「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!
⑥「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!
⑦「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセットが550円!

この記事を書いた人

小林準

小林準

「ファイティングラボバンコク」に勤務している小林です。会員さんが楽しめるように取り組んでいきます。よろしくお願いいたします。

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

E-Mail:info@tkdj.net