佐々木 康博

佐々木 康博

2019.08.28

パンチの【軸】はどこをどう意識して使うのか?

view579

こんにちは、佐々木です。

今回のブログはパンチの軸についてご説明致します。

まず軸とは?

駒に例えると

中心の棒を【軸】とし左右に回転することで回りの部位がつられて回転します。

★画像中黄色の線が軸になります

では右のミドルキックに例えると【軸は】左足つま先から頭上までを軸にして回転し右のキックを打ちます。

比較的説明しやすく分かりやすいですよね!

ではパンチの軸はどこをどう意識するのか?

オーソドックス「右利き」の場合

左足の膝、重心の位置が前に見える場合の時に打つパンチ、ディフェンスは右足つま先から頭上までが軸となり、左足は右足軸がぶれたり傾いたりしないように補助します。

逆に右足の膝、重心が後ろに乗ってる場合の軸は左足つま先から頭上となりパンチ、ディフェンスを繰り出します。

特によく使う左足つま先のを返して右足重心の左フックは左足から頭上まで【軸】になります。


こちらもよく使う右足に重心をのせた、ウィービングやダッキングも左足側が【軸】になります。

パンチはこの2つの軸を使い分けパンチ、ディフェンスを繰り出します。

この理論を、

二軸理論

と言います。

ほとんどの軸はパンチもディフェンスもオーソドックスの場合だと左側の足に重心が乗ってる場合の右足つま先から頭上までの【軸】を回転させて戦うのが7割です。

では動画を使いご説明致します。

まずは軸が意識出来てない悪い例です。

このような状態だとバランスが悪く力が入りません。

相手と正面でぶつかった場合吹っ飛ばされてしまいます。

では

オーソドックスで右足つま先から頭上までの【軸】を意識してフットワーク、パンチを打つ、ディフェンスをしている場合

バランスが良く、相手と衝突してもすぐ姿勢をニュートラルな姿勢ににもどすことができるので、すぐスムーズに回転したパンチが打てます。

この2つの【軸】を上手く使いパンチ、ディフェンスを使い分けます。

その二軸理論を上手く使い分けているかのがフロイドメイウェザーです。

重心を前、後に置こうがどこららでもパンチが打てて、どの重心でもディフェンスが出来ます。

是非参考にしつみてください。

質問があるかたは是非入らしてください。

プライベートレッスンも承っております。

ファイティングラボ赤羽はこちら→https://tkdj.net/dojo/akabane/

【無料体験・WEB入会】はこちら

tkdj.net/trial/

ファイトフィット北千住5/1オープン!

https://tkdj.net/dojo/kitasenju/

ファイトファイトフィット新宿歌舞伎町5/15オープン!

https://tkdj.net/dojo/shinjuku3/

ファイティングラボ新座AKZA5/1リニューアルオープン!

https://tkdj.net/dojo/akza/

☆お近くの店舗を探す☆

https://tkdj.net/dojo/

「トイカツ道場代行情報」

インストラクター代行情報はこちら→https://twitter.com/toikatu_daikou

『トイカツ道場』

・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!

・「一週間無料退会保証」→入会後一週間以内は無料で退会可能!

・「都内最安値」→月謝8,640円(税込)

・「出稽古無料」→全43店舗通い放題!

・「朝活朝格」→朝7時~夜23時まで年中無休!

・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!

・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!

【無料体験・WEB入会】はこちら→https://tkdj.net/trial/

この記事をシェアする

この記事を書いた人

佐々木 康博

佐々木 康博

1983年、青森県大間町出身、浜育ち。 16歳からボクシングを始め、19歳でプロデビュー。 打たれても打ち返す、元A級のじょっぱりボクサー! 現役時はインファイター、引退してからは安全面を考え、アウトボクシングを心掛けている。 独特な方言を交えながら、その人に合ったボクシングを指導します!

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net