トイカツ合同会社で働いている従業員の理念を紹介致します。

1

すべての出来事をポジティブにとらえるネガティブな考え、言動、行動は絶対にしない。

2

回りに起きた問題は、全て自分自身の責任「自責」として考え、他人の責任「他責」には絶対にしない。

3

失敗は成功への過程であり、助走である。つまり、人生に失敗は存在しない。

4

維持は衰退であると考え、常に向上心を持ち、常に向上心を持ち、常に成長し続けることを心がける。

5

自分の成功は、仲間のお陰であり、仲間の成果である。自分一人では小さな力も、仲間と一緒に力を発揮すれば、その力は何倍もの効果を生む。なので、仲間がミスした場合は、全力でフォローしてあげるようにする。

6

会員様がいるから自分達は生活出来るのだと考え、会員様には常に感謝の気持ちを持つ。また、会員様の立場になって考え、行動する際は、会員様に近い順番から行動する。

7

会社がどうしたら成長するかということを一番に考える。なぜなら、会社の成長が自分自身の成長であり、会社の利益が自分の利益だからだ。また、会社にとっての不利益は自分にとっての不利益である。

8

トイカツ合同会社の成長は、お世話になった格闘技への恩返しであり、トイカツ合同会社が成長すれば、日本全国に格闘技を広めることが出来る。日本全国に格闘技が広がれば、日本人を強く健康にすることが出来る。

9

格闘技が日本全国に広がり、日本人が強く健康になれば、医療費は削減され、日本経済が再建される。つまり、トイカツ合同会社の従業員、インストラクターは、日本経済再建の担い手であり、トイカツ合同会社を成長させることは、最大の社会貢献である。

10

トイカツ合同会社は、会員様、従業員、インストラクターはもちろん、その家族や友達、しいては日本人全員を幸せに出来る最大の企業である。

この記事を書いた人

佐々木 康博

佐々木 康博

1983年、青森県大間町出身、浜育ち。 16歳からボクシングを始め、19歳でプロデビュー。 打たれても打ち返す、元A級のじょっぱりボクサー! 現役時はインファイター、引退してからは安全面を考え、アウトボクシングを心掛けている。 独特な方言を交えながら、その人に合ったボクシングを指導します!

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

E-Mail:info@tkdj.net