こんにちはファイティングラボ高田馬場代表兼インストラクターの佐々木です。

 

月曜日はお休みで火曜日~土曜日はファイティングラボ高田馬場

日曜日はファイトフィット秋葉原にて指導しております

 

今回はなぜ「青魚」についてなのかというと自分が所属していてお世話になった

 

米倉ジムの沢山の選手を育てた名トレーナー川島先生(故人)が昔は計量が終わったら当日計量で米を多くたべ秋刀魚や青魚を多くたべていたから頑丈で骨折などがなかった!

といってたのを思い出したからです!

 

ではなぜ青魚は

「強さの秘訣」

なのかを「体に良いこと」と「心に良いこと」に分けてご説明致します!

 

・体に良いこと

青魚は「ビタミンD」が豊富に含まれていてカルシウムも豊富です!

片口鰯に多量に含まれています!

自分の生まれた青森県大間町は漁師町で漁師さんは高齢の方でも元気に漁をしてバリバリ働いています!

とても体も心も強く元気です(^^)

自分が通っていた幼稚園の3時のおやつは煮干しと牛乳でした!

自分はたいしたことはないですが回りの同級生や大人は強くたくましい人ばかりでした!

お子さんに喜んで頂きたい気持ちはわかりますが「砂糖っぱい、油いっぱいのポテチやチョコレート」を3時のおやつでだすよりたくましく、賢く、頑丈に育ってほしかったら

3時のおやつは煮干しですよ(^^)

「ビタミンD」は骨などの形成に重要で人体の中身をしっかりと作ってくれて非常に体の内側を強くしてくれます!

肉などの「タンパク質」は表面上の眼に見える部分の補強、パワーを出すエネルギー元としては有効ですが、パワーだけではなく人体を器用に動かすスポーツ、格闘技においては体の中身「骨や回りの神経」の強化の為には青魚は最高に良い

  天然のプロテイン

ですね(^^)

・心によいこと

青魚は皆さんもご存じなとおり「DHA 」を多量に含まれていてそのお陰で

アドレナリン

「ヤル気、闘争心、を高めてくれる物質」

ドーパミン

「脳からの指令を素早くする、神経伝達物質」

出しやすくしてくれます!

肉体だけではなく精神的にも強化されます!

また鬱予防にもなると言われています!

 

「鬱」という病名が広まったのはここ最近のような気がしますね!

もしかしたら昔みたいに青魚を食べなくなった食生活も原因の1つかも知れませんね!

青魚は非常に美味しいです(^^)

秋刀魚の肝などの味をわからない人や子供が多くなったといいす。

食の欧米化の影響ですね!

値段もお手軽で体にこんなに体に良い食材はないです!

鯖の塩焼き(^^)

よだれが出そうです!

 

やはり刺身!

ビタミン系を破壊せずそのままの味わえ栄養を摂取できます!

アジフライ(^^)

トンカツ、唐揚げよりこっち!

サクサクのころものなかにはこってりした肉よりもヘルシーな「鯵」(^ー^)

是非皆さんも試してください!

良いことだらけです。

2月22日にファイトフィット横浜がオープン致します!

お申し込みはこちらから⬇

https://tkdj.net/dojo/yokohama/

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

この記事を書いた人

佐々木 康博

佐々木 康博

1983年、青森県大間町出身、浜育ち。 16歳からボクシングを始め、19歳でプロデビュー。 打たれても打ち返す、元A級のじょっぱりボクサー! 現役時はインファイター、引退してからは安全面を考え、アウトボクシングを心掛けている。 独特な方言を交えながら、その人に合ったボクシングを指導します!

カテゴリー/タグ

お問い合わせ

TEL:03-5340-7604
平日 9:00~17:00
E-Mail:info@tkdj.net