上念 司

上念 司

2017.11.11

玉木雄一郎と中村喜四郎~斡旋受託収賄罪を考察する~

view9,418


※写真と本文は一切関係ありません。

ゼネコン汚職事件って覚えてますか?
1993年3月6日に当時自民党幹事長だった金丸信氏が脱税容疑で逮捕されたことから発展した一大疑獄事件です。
日経新聞にはこう書いてあります。

1993年6月29日、東京地検特捜部による仙台市長、石井亨の逮捕でゼネコン(総合建設会社)汚職事件は始まった。鹿島、清水建設、大成建設、大林組といったゼネコン8社と大昭和製紙のトップらが贈賄容疑で、茨城県知事や宮城県知事ら自治体の首脳が収賄容疑で次々と逮捕された。翌94年3月11日には、自民党建設族で建設相も務めた中村喜四郎があっせん収賄容疑で逮捕された。
ソース:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO87511030R30C15A5TZG000/

この時逮捕され、その後有罪が確定して服役したのが中村喜四郎(元建設大臣)です。
取り調べ中は完黙(完全に黙秘すること)を貫き通し、男の中の男と言われたあの中村さんですよ。
しかし、完黙による抵抗も空しく牢屋に入っちゃいました。
でも、公民権停止が解けたら無所属として衆院選に立候補し復活しましたね。
ゼネコン汚職では悪いことしましたけど、このパワーはすごいと思います。
ダースベイダーのようなフォースを感じます。

さて、この中村氏が逮捕され有罪となった理由をもう少し詳しく見てみましょう。
筑波大学法科大学院の平林英勝教授によれば次のようなものになります。

公取委の調査を受けていた鹿島建設(株)の代表取締役副社長であった被告人清山信二は、公取委が同社等を刑事告発することを回避することを企て、衆議院議員で当時自由民主党の独禁法に関する特別調査会会長代理であった被告人中村喜四郎に対し、公取委が告発しないよう、公取委委員長梅澤節男に働きかけてもらいたい旨の斡旋方の請託をした。被告人中村はこれを承諾し、梅澤に対して働きかけを行い、被告人清山は、その報酬として現金1000万円を被告人中村に供与した。
ソース:http://www.lawschool.tsukuba.ac.jp/pdf_kiyou/tlj-03/images/hirabayashi.pdf

あれ?なんか最近同じようなことをした国会議員がいましたね。

民進の玉木氏 獣医師連盟から100万円献金 加計学園問題追及側にも批判 – SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170521/mca1705211011001-n1.htm

<引用>
民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けていたことが分かり、ネットでは「規制改革の邪魔をしているだけでは」という批判が起きている。玉木氏は自身のブログで父親の香川県獣医師連盟の副会長をしており、兄も獣医であることを明かしている。
<引用ここまで>

玉木さん、希望の党の共同代表への就任おめでとうございます。
共同代表として、獣医師会から献金を受けて獣医師会に有利になるような国会質問をしていたという疑惑について説明責任をしっかり果たしていただかないと困りますね。先ほどの平林教授の論文をちょっといじるとこんな風になりますよ。

ーーー
日本獣医師政治連盟の代表者である山根義久(日本獣医師会会長)は、国家戦略特区による獣医学部新設を阻止することを企て、衆議院議員で当時民進党の玉木雄一郎氏に対し、特区制度による学部新設を認めないよう国会等で有利な質問をするようにに働きかけてもらいたい旨の斡旋方の請託をした。玉木はこれを承諾し、国会の閉会中審査において働きかけを行い、その報酬として山根は現金100万円を玉木に供与した。(筆者によるアレンジ。時系列がちょっと違うんであくまでフィクションです。)
ーーー

国民にこのような疑いをもたれても仕方ない玉木氏。
疑惑が晴れるまで「無実」であることを「丁寧」に証明しないといけませんね。
国民が納得しませんから。
希望の党の自浄作用に期待したいと思います。
生暖かく見守りましょう!

『トイカツ道場』
・「都内最安値」→月謝8,000円!
・「出稽古無料」→全19店舗通い放題!
・「朝活朝格」→朝7時〜夜23時まで年中無休!
・「格闘技の食べ放題」→あらゆる格闘技が習い放題!
・「手ぶらで格闘技」→ウェアタオルセット500円!
・「0円キャンペーン」→入会金無料!月謝2ヶ月無料!
【無料体験・WEB入会】はこち→https://tkdj.net/trial/

Ads

この記事をシェアする

この記事を書いた人

上念 司

上念 司

経済評論家 著作:『経済ニュースのウソを見抜け http://a.r10.to/hpY7cY 』 『売国経済論の正体(徳間書店)』『日本は破産しない! (宝島社)』 『「日銀貴族」が国を滅ぼす(光文社新書)』『デフレと円高の何が「悪」か(光文社新書)』 他

カテゴリー/タグ

関連サイト/スポンサードリンク

NO NEED NEW
恋愛ユニバーシティ | 恋に悩む女性のための恋愛ポータルサイト
イーファイト 道場ジムナビ